お茶を飲む女性

不妊症で悩んでいる人はできるだけ体を冷やさないようにしましょう。

子宮や卵巣機能の低下は体の冷えから来ているからです。

体を効率よく温めることができるのがお茶です。

なかでもお勧めのお茶がルイボスティーです。

排卵誘発剤による卵子の成熟が解決できない人でも、
このお茶がその働きを助けてくれる効果があります。

それは卵子の質を向上させて、
若くさせることで活きのいい卵子にすることが可能なためです。

ルイボスティーは卵子の成長を妨げている活性酸素を取り除くと言われています。

これは細胞が衰えるのを防ぐ力があるためです。

生理不順や月経異常などホルモンの分泌が影響しているものには
タンポポ茶が有効です。

不妊症の大きな原因にもなるホルモン分泌を増加させてくれます。

それに卵子の発育とともに子宮内膜症にも効き目があるとされています。

タンポポ茶は脳下垂体に直接作用するようにできています。

不妊症の人であれば煎茶や緑茶の代わりに
タンポポ茶のような健康茶を飲むといいでしょう。

生理痛がひどいという悩みを持っている人にも
タンポポ茶の成分が効きます。

このほかにも食べ物によって不妊症を改善するようにしてください。

食事には体を温めてくれる働きがある、
ゴマやホウレンソウ、ウナギといった活力になるものがいいでしょう。

玄米やカボチャ、ニンジンといった食材も体を温めてくれます。