普段から生理の状態をしっかりと自覚しておくのがいいでしょう。

生理が不順だったり、月経量が少ないとなると
異常がある可能性が高く不妊症になるからです。

そして生理がない、不順といった人のために
カウフマン療法があります。

この治療は定期的にきちんと生理が来るようにする不妊治療になります。

生理がないという人のほかに、
生理が長く来るなどの月経持続期間異常の人。

それに稀発月経や揮発月経、第一度無月経、
第二度無月経などの月経周期に異常がある人。

ほかに機能性子宮出血や早期月経、月経血量異常の人に
カウフマン療法をおこないます。

不妊治療としてのカウフマン療法は
ホルモンを補う療法がとられています。

そうすることで、体にリズムができるようにして
排卵が起きる体にしていくものです。

排卵がないのはすぐに分かります。

基礎体温表を見るときれいな二層に分かれることがないからです。

カウフマン療法は高温期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)と
エストロゲン(卵胞ホルモン)を補います。

次に低温期にはエストロゲンだけを投与するという治療です。

この不妊治療を3か月から半年ほどおこなっていきます。

人工的に生理が来るようにしていきますが、卵巣は休んでいる状態です。