不妊を治すためにはさまざまな治療薬が使われています。

内服のほかに点鼻薬が使われることもあり、
注射で使われている薬剤も種類が豊富です。

不妊原因が何であるかによって使用する薬が違います。

排卵がない人に向いているのがFSH製剤です。

これは排卵を誘発して不妊を改善する薬です。

排卵がない人や、
排卵の状態が悪い人それに体外受精を望んでいる人には
hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)が使われます。

卵胞を育てるために、
卵巣を刺激することによって不妊治療をしていくものです。

排卵誘発剤はとても効果が高く、受精する確率もそれだけ高くなります。

そのため多胎妊娠が多いのが特徴です。

ひどくなると、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になることもあります。

黄体ホルモンを補い、高温期が長くなるようにする治療薬には
hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)があります。

黄体ホルモンと同時に卵胞ホルモンも分泌されるようにします。

卵胞が育つようにして不妊を改善していきます。

注射は一種類だけではなく
複数組み合わせて不妊治療をしていくこともあります。

フェルティノームP(FSH製剤)、バーゴグリーン (hMG製剤)、
HMG、HCG(hCG製剤)、ヒュメゴンなどです。

hMGは多胎率が高くなることから、
黄体形成ホルモンを除いたFSH製剤が使われています。

こちらは卵巣過剰刺激症候群(OHSS)が起きにくいとされています。