不妊かどうかは結婚してから知ったという人が
ほとんどではないでしょうか。

不妊治療は早く始めたほうが妊娠する確率が高いものになります。

健康なのに2年間妊娠しない場合には不妊症とされます。

これ以下の年数であっても
子供ができない場合にはやはり不妊治療をすることになります。

不妊かどうかの詳しいことは
産婦人科に行って調べないと分かりません。
自己判断をせずにおきましょう。
これからの不妊治療にも関係してきます。

診察を受ける時には夫婦二人で行くのがいいでしょう。

そして事態が深刻になる前に
軽い気持ちで行けるようにしておくのも大事なことです。

不妊かどうかを予測できるものには、
結婚する時期が遅かった人。
男性の場合には睾丸が柔らかく、小さい人。

ほかに癒着を起こしている可能性もあることから、
開腹手術をしたかどうかも関係してきます。

夫婦生活そのものが上手にできない人も
不妊治療をする必要が出てきます。

不妊と判断されるためには、原因を特定する必要があります。

特定はとても難しく、
それは原因が一つではないことが多いからです。

女性の場合には子宮や卵管が正常であること、
排卵があるといった条件が必要です。

これらの異常原因は人それぞれです。

それに男性の場合には精子が少ない、
作ることができないといった不妊原因があります。