不妊にはいくつかの原因が考えられます。

適切な不妊の治療を受けるためには、
検査によって原因を明らかにすることが必要です。

ホルモンの基礎値は、月経初期の採血によって測ります。

ホルモンバランスが崩れると、排卵障害が起こります。

排卵障害によって卵巣が発育不全となり、
受精卵の着床が十分可能になる厚さまで
内膜が厚くならならいため、不妊の原因となります。

卵胞の成熟度や大きさ、子宮内膜の厚さは、
月経後の排卵時期が近づいた際に超音波エコーを使って検査します。

卵管の疎通性検査(通水検査)という検査では、
月経終了後に卵管の詰まりが無いかを超音波によっておこないます。

もし、通水検査の結果が思わしくなければ、
さらに造影剤によって、卵管造影検査を受けることになります。

通水検査や卵管造影検査を受けると、
卵管の通りが良くなり、妊娠の可能性が高まると考えられます。

欠点としてはこれらの検査は痛みを伴うということです。

排卵の有無や、黄体機能不全の可能性については、
基礎体温を測って検査していきます。

このような検査によって不妊の原因を判明し、
排卵を誘発する治療や、ホルモン異常に対する治療など、
原因に応じた治療を施すことになるのです。

不妊が心配な方は、
まず検査をしっかり受けてみることが大切です。