妊娠しやすくするためには、
何より健康な身体でなくてはなりません。

体を冷やさない食事を摂ったり、
バランスの良い食事を摂るなど、
健康に配慮した生活を送るよう心がけましょう。

また、体調の変化に気をつけることも必要です。

不妊の疑いが無いか、
日々の生活の中でチェックすることが出来ます。

不妊の原因はさまざまですが、早く症状を見つけることで、
早い段階から適切な不妊治療を始められます。

高プロラクチン血症の場合、
妊娠・授乳をしていないのに母乳が出てくるという症状があります。

脳下垂体から分泌される
プロラクチンというホルモンが多くなるために起こります。

生理が来ない、受精卵が着床しにくい、
無排卵といったことを引き起こすため、不妊の状態となります。

子宮筋腫や子宮内膜症では、生理痛が重かったり、出血が多くなります。

必ずしも不妊に直結しているということではありませんが、
不妊の可能性が考えられます。

子宮の発育不全、ホルモンバランスの異常も不妊を招きます。

生理時の出血がわずかであったり生理が不順な場合です。

放置せずに、子宮やホルモンバランスについて検査をしましょう。

場合によっては、妊娠しにくい状態になってしまいます。

こうした症状が無いか確認することによって、
不妊を早期に発見することが出来るのです。