不妊の原因を調べることが不妊治療の第一歩です。

この不妊検査には卵管通水・通気検査があります。

卵管が詰まっていると精子が入ることができません。

排卵があったとしても、
子宮に異常がなくても卵管の詰まりが受精を妨げていることになります。

この検査は痛みを伴うこともある検査ですが、
その後に妊娠する可能性が高い検査でもあります。

卵管が詰まっているとは、
細くなっている、癒着を起こしているなどが考えられます。

この状態が検査をすることによって良くなり、精子が入りやすくなるのです。

卵管の癒着が軽いものであれば、妊娠する可能性が出てきます。

通気検査は子宮内にガスを通して
卵管が詰まっていないかどうかを確認します。

通水検査の場合には同じようにして生理食塩水を入れて調べます。

不妊検査となるだけではなく、不妊治療も兼ね備えた検査です。

卵管を広くすることができ、妊娠しやすい状態を作るからです。

不妊を知るのが怖いという人も、
この検査をしてからは妊娠することができるかもしれません。

痛みがひどい時には癒着がかなりひどい可能性があります。

これらは簡単な不妊検査ですが、
さらに詳しく調べるためには卵管造影剤をおこないます。

痛みがある時にはがまんしないようにしてください。