不妊治療薬を使っても妊娠しない時には、
薬だけではなく自分でもできることをしなくてはいけません。

体を健康にするためのものとして、
受胎気功・ファータイルストレッチが人気です。

不妊に効き目があるとされている
この受胎気功・ファータイルストレッチは血液の流れを良くすることができる運動です。

ストレッチインストラクターの竹内邦子氏と
IVFなんばクリニック院長森本義晴医師の共同開発によっておこなわれています。

スタジオレッスンとして、
IVFなんばクリニックで受胎気功・ファータイルストレッチをすることができます。

運動の種類は4つあります。

マッサージ、ストレッチ、有酸素運動、リラクゼーションです。

時間をかけておこなう運動で、3時間ほどかかります。

中国から伝わる“小周天”を不妊治療として利用しているストレッチになります。

血液の流れを正常にするための呼吸を整えることができるのです。

血液の流れはとても重要で、
全身に行き渡らないと冷え性にもなります。

そこから排卵がない、卵子が正常に育たないという不妊の状態になってきます。

このストレッチを続けると全身の血液の流れが良くなるだけではなく、重要な骨盤の状態も良くなります。

排卵が起こり、そこから着床もしやすい状態になって不妊が改善されるのです。