ご存じだと思いますが
基礎体温を測ることで、排卵状態を知ることが出来ます。

女性の生理は28日周期です。

生理開始から14日間(±2日)は低温期と呼ばれ、
基礎体温は低温となります。

排卵日以降は高温期となり、
基礎体温が0.3℃から0.5℃高くなります。

排卵日から14日間(±2日)高温期が続き、
その後、また低温期となり生理が始まります。

また、生理無排卵性月経という、
生理があるのに排卵が無いという場合があります。

毎月きちんと生理が来ていても、
排卵が無ければ不妊の状態となってしまいます。

基礎体温を測ることで、排卵の有無が分かります。

無排卵性月経だった場合、
不妊の原因となる卵巣機能不全が考えられます。

ホルモン分泌が正常でなかったり、
排卵が無い場合には、不妊の可能性があります。

高温期が短い場合や低温期が長い場合、
それに高温期と低温期が二相性を示すグラフを描かない場合には、
ホルモン分泌異常や無排卵が考えられます。

生理周期が規則正しく、きちんと排卵がある女性は、
基礎体温のグラフが二相を示します。

生理不順で、不妊の疑いのある女性は、
基礎体温のグラフが二相になりません。

生理があっても排卵が無ければ妊娠できません。

基礎体温を毎日測ることで、
不妊の状態かどうかを知る手がかりになるのです。