卵管が詰まっていると
精子が子宮まで届かずに不妊となるケースがあります。

その検査をするのが子宮卵管造影検査です。

子宮と卵管の状態を同時に調べることができる検査となり、
不妊治療としても効果があります。

検査をした女性が約3ヶ月後に
妊娠するというデーターもありますから、受けてみることをお勧めします。

子宮口から小さなチューブを挿入し、
造影剤を入れながらレントゲンで写します。

こうすることで卵管が詰まっている部分には
造影剤が入ることがありませんから、
その部分は詰まっているということになります。

写らない箇所があった場合はそれが不妊の原因という可能性があります。

そしてこの検査をして
その詰まりが改善できるほど軽いものなら、妊娠できる可能性も出てきます。

子宮卵管造影検査は痛みを伴う検査とされていますが、
とても大事な検査です。

早期に検査をしてから不妊治療を始めないといけません。

卵管を検査する時には、痛みがある場合があります。

不妊治療でおこなわれている子宮卵管造影検査のほかに、
通水・通気検査もあります。

どちらも造影剤を通さないという点だけで、
造影検査と同じような働きがあります。

詳しい卵管の詰まり具合を調べる時には、
卵管造影剤検査のほうをお勧めいたします。