不妊治療で使われる薬剤にはいくつか種類があります。

副作用がある場合もありますので、
それぞれの薬剤の特徴を知っておきましょう。

デュファストン(黄体ホルモン製剤)、ルトラール
黄体機能不全の治療に使われます。

これらは黄体ホルモンを補給し、
子宮内膜が着床しやすい厚さになるまで育て、
高温期が維持されるようサポートします。

不妊治療では頻繁に使われる薬剤です。

副作用としては、頭痛、吐き気、胸の張りなどが起こります。

排卵しにくく卵が良い状態に育たない場合や、
排卵が無い場合には、排卵誘発剤を使って排卵を助けます。

排卵誘発剤には、フェミロン(クロミフェン製剤)、セキソビット(シクロフェニル製剤)、クロミッドなどがあります。

セキソビットに比べ、クロミフェン製剤の方が効き目が強いのですが
その分副作用もあります。

受精卵が着床するには、子宮内膜の十分な厚さが必要です。

クロミフェン製剤の使用が続くと副作用によって子宮内膜が薄くなります。

また、精子の通りを良くするためには
頸管粘液の分泌がなくてはなりませんが、
クロミフェン製剤の副作用で、頸管粘液の分泌が減少してしまうのです。

排卵誘発剤は、生理の5日目から投薬を始め5日続けます。

ここで、不妊の症状や排卵の程度によって投薬量を配分しなくてはいけません。

薬剤の働きや適切な処方量を理解して、不妊治療に役立てましょう。