不妊治療の一環として漢方薬を服用することもあります。

継続的に服用することで、不妊体質が改善されていくものです。

長い時間をかけて体質を治していきます。
西洋医学とは違い、即効性はありません。

漢方薬はそれぞれの症状に合わせて服用していきます。

効果的なものには、一種類の漢方薬だけではなく、
周期に合わせて漢方薬を変えていく周期療法があります。

この周期療法は女性の生理周期に合わせて服用する薬を変えるものです。

卵子が出てくる排卵期、生理までの期間になる黄体期には子宮内膜を正常な厚さになるように調整していきます。

生理が来る月経期。卵胞が正常に大きくなる卵胞期と、それぞれに合わせて漢方を飲んでいくのです。

不妊の治療として使われている漢方は、
不妊を改善するために妊娠しやすい体に変えていくものです。

体調を良くしてホルモンの働きが正常になったら
妊娠する確率がずっと高いものになります。

血行を良くするための漢方としては涌出(ゆうしゅつ)があります。

月経異常や生理不順があると、不妊の体質とされてしまいます。

この時に使われている漢方は不妊治療として利用されています。

温経湯(うんけいとう)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

弓帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)などです。