男性不妊も女性の場合と同じように検査をします。

主な不妊検査は血液検査と精液検査、尿検査です。

血液検査では黄体ホルモンや卵胞刺激ホルモン、男性ホルモンの数を調べます。

精液検査の場合には内容が多岐に渡ります。

精液を採ってもらい、その精液中の精子が健康であるかどうかを調べます。

精子の数や運動率はとても重要なために、精液を調べるしかありません。

尿検査は精液検査によって白血球の数が多い時におこなわれます。

白血球が多いと、細菌の種類を特定し
尿の中に精子が含まれていないかどうかを調べていきます。

射精後の尿を採取することで分かります。

このほかにも精管精巣造影検査や染色体検査、
精巣生検検査をおこなう場合があります。

乏精子症や全く精子がない無精子症の不妊では
造精機能を調べるために、陰嚢を切開して細胞を調べていきます。

こうした不妊検査をする前には、まず検診をおこないます。

検診では思春期におたふくかぜになったことがないか、
幼児期の停留精巣、過去の病気履歴や開腹手術といったことを聞かれます。

そして夫婦生活が正常におこなうことができるかどうかも聞かれてしまいます。

女性だけではなく、不妊症は男性にも原因がある場合が多くあります。

子供の頃の病気から判断できることもありますから、
しっかりと答えられるようにしてください。