精子の数が異常に少ない男性不妊の人は、
自然に妊娠することが非常に難しくなります。

この時におこなう不妊治療としては人工授精や体外受精になります。

そしてさらに高度な妊娠を人工的におこなうものとして
顕微授精があります。

こちらは精子が一つあれば受精が可能な不妊治療です。

卵子のなかに直接精子を顕微鏡の下で受精させていきます。

これは体外受精よりも
はるかに高い技術が必要とされている不妊治療になります。

顕微授精による治療費用は
体外受精の費用よりも10万円ほど高くなります。

保険が効かずに全額自己負担となりますから、
まとまったお金が必要です。

一つの精子があるといいということから、
体外受精でも妊娠できなかった人や
男性不妊症の症状が重い人の場合に採用されている不妊治療になります。

体外受精の場合には体外で受精させたものを
さらに培養してそれを子宮内に戻します。

これよりも直接精子と卵子を受精させる方法ですから、
かなり高い確率で妊娠することができるのです。

顕微授精にはいくつかの種類があります。

主流は細胞質内精子注入法(ICSI)です。

最も成功する確率が高いといわれています。

ほかには透明帯開孔術(PZD)、囲卵腔内精子注入法(SUZI)があります。